大川水産の商品を365日分
紹介していきます。


16日目の本日は!!
↓新登場☆↓

〜第16日目〜
「さんま」



 
秋といったら「さんま」 大川水産のさんま 社員おすすめのレシピ

秋といったら「さんま」

 

さんまは100%天然かつ国産のものだけが出回っています。

大川水産で販売しているさんまは、北海道産のものです。
柔らかく、脂がのっているので独特のうまみがあります。

なかでも塩焼は焼魚の中でも頂点といえるほど美味しいですよね。
ご家庭でも是非味わっていただきたい旬の味覚です。

さて、
みなさんご存知かと思いますが、漢字では「秋刀魚」と書きます。
漢字から見てもまさに秋の魚の代名詞といえます。

以前、幼稚園の先生をしていたのですが、
秋の幼稚園のワークブックの付録に「さんま」の紙パネルがついておりました。
そのとがッた形に男の子の間では、
剣みたいでかっこいい〜」と戦いごっこの道具として使われてました☆
秋に漁れる魚で、剣(刀)のようにするどい見た目から「秋刀魚」となったのかもしれませんね!?


旬の今は特に脂のりが抜群で、今年のさんまは色もとてもきれい!!
ピカピカとひかり輝くさんま。店舗では、さんまの丸干も販売しております。
是非店舗にもご来店ください。



それでは、店舗からの情報も併せてお伝えします!!
 

大川水産のさんま

大川水産のさんまは、程よい脂乗りで、身の味もしっかりとしています。
旬の時期の大型で、脂がしっかりとのっている原料を
さんまの開きのプロが甘塩で仕上げておりますので、ご飯のおかずに最適です。
また開きにしておりますので、生臭みも抑えられ、開きならではのさんまの旨味が味わえます。


店舗からは、
新浦安店おすすめポイント
大川水産のさんまは、旬の時期のもののため脂がのっています☆
値段もお手ごろ価格!!
お子さんがいる家庭には、特に開きなのでおすすめです!!

草加店おすすめポイント
旬の時期のもののためコロッと太っていて脂がのっています☆
買いやすい値段で旬の味が味わえるのも魅力の一つ!!

二子玉川店☆焼き方ポイント
さんまの開きを焼く際は、開きを閉じて焼くとふっくら焼けます。



さて、今週も美味しい食べ方をご紹介します!!

 

社員おすすめのレシピ

新宿店おすすめのレシピ☆

「さんまの南蛮漬け」
開きをぶつ切にしてから揚げにします。
お酢・たまねぎ・ピーマン(パプリカでも可)で簡単調理。
南蛮漬けの完成です。


二子玉店おすすめのレシピ☆

「さんまの蒲焼」

作り方!!
1、さんま開きに衣をつけます。
2、1を揚げて唐揚げ風に
3、うなぎ蒲焼のタレで味付けをして、さんまの蒲焼の完成☆

※写真はイメージです。


店舗にはお料理上手な社員がたくさんいます。
普段の料理にひと手間でいつもと違ったおいしさに大変身。
是非作ってみてくださいね☆