大川水産の商品を365日分
紹介していきます。


お歳暮もまもなく承り終了!!
今年も多くの皆様からご注文をいただきました。
ご利用くださいました皆様ありがとうございました。
皆様の大切な贈り物のお手伝いに弊社を選んでいただき大変うれしいです。
今後とも宜しくお願い致します。

さて本日より通常編に戻ります。

22日目の本日は!!
↓まもなく登場予定?!↓

〜第22日目〜
「鮭かま」



 
鮭かまって? 美味しく焼いてみました。

鮭かまって?

 
 

希少部位”鮭かま”がネットで頼んでおうちに届く??!

今年のお歳暮を始め、日頃より大人気の大川水産の鮭商品!
中でも知る人ぞ知るレアで美味しい商品が「鮭かま」です。

1匹からとれる量も少なく、店舗でも滅多にお目にかかれない代物です。
先日千葉店にお邪魔した際も、お客様から美味しいとのお声や、鮭かまだけを買いに来たの!
と話してくださるお客様もいるほど、隠れた逸品です。

今回は、ネットで販売を開始しようと準備中の「鮭かま」にスポットをあてて、紹介していきます。
※食レポが中心となりました☆
鮭かまって何??
かまとは、鎌と書きます。
形が鎌に似ていることから由来するそうです。そのままですね☆

かまは、魚でいうところの”えらの下、胸ひれがついているあたり”です。

かまを辞書で調べると、”アラ”という言葉が出てきました。
なんでも、アラは出汁をとったりするときに使用する粗骨とかのことで、かまも中に含まれるとのこと。

成程!食べる事はもちろん、出汁に使用される方もいるのですね。
いつかは挑戦してみたい!と思いつつ、今回もレシピのご紹介です。



 

美味しく焼いてみました☆

  

今回新商品を販売するにあたり、味の調査とご購入いただいた際の焼き方のコツを探すため、
本社のキッチンをお借りして焼いてみました。

※味の調査がメインになりましたが☆

グリルはもちろん、フライパンでも焼いてみました。
どう味が変わるのかわくわくしながら早速調理開始です。

と言っても、今回も大川水産のお料理上手さんにお手伝い頂きました。



フライパンで2切、グリルで2切焼いてみます。

ポイント1
銀鮭はほぼ無塩のものの為、お好みで、塩や醤油で味付けください。

ポイント2
フライパンで焼く際は後片付けが楽なクッキングシートがおすすめです。
※本社にはなかったので普通に焼きます。

ポイント3
鮭かまは脂が多いので、そのまま焼いてジューシーに、
焼時間を調整すれば、ふっくら柔らかく・パリッと香ばしく!なります。

ポイント4
グリルを使用すれば、余計な脂が落ち、パリッと美味しくなります。

それではまずはフライパンで!


油を使用しなくても、鮭かまの脂でOK!
本社に油がなかったので、ヘルシー料理。
ふっくらとやき上げたい方は、ふたをするとよいみたい。


中火でじっくり焼いていきます。
焦げ付かないように焼いている間は近くで見守ります。


脂がすごい!
そして美味しそうに焼きあがりました。
早速いただきますー☆

の前に、
グリルバージョンもセット!



自宅にグリルがないので、新鮮!
美味しく焼けますようにとセットしました。

それでは、フライパンで焼いた「鮭かま」を頂きます。


い脂のり抜群!ふっくら仕上げなので、身も皮もしっとりとやわらかく、ふわふわな食感!
はじめて鮭かまを食べましたが、身剥がれがよくてペロッと完食!
私にはほぼ無塩は薄味だったので、塩を少々!!
これはこれは!お米が欲しい☆お酒にあう!!自宅で作らなかったのをやや後悔…
美味しさに時間も忘れ盛り上がっていると…

すっかりわすれておりました第2弾!


あらま、焼きすぎたかなと、あわてて盛り付け頂きます。

これがまた!!
意外としっかり焼いた方がおいしく、パリッとした皮と、身に先ほどとは違う食感に、箸が進む進!

一匹からとれる量が少なく店舗でもあまり見かけない鮭かま!
これは、一度食べたら病みつきになるという表現も納得!

お米が恋しくなったので、片付けをすまして帰宅となりました。


販売開始時期は調整中。
メルマガやTOPページでお知らせいたします。
お楽しみに☆


次回のブログは1月4日(金)を予定しております。
皆様よいお年をお迎えください。