魚惣菜が焼きあがるまで!

こんにちは!
ブログ担当の大谷です。


大川水産のお歳暮が始まりました!
たくさんのお客様にご注文をいただいております。
まことにありがとうございます!!

さて、今回のテーマは大川水産の魚惣菜。
大川水産では約15種類の焼魚、煮魚を取り扱っています。

今回ご紹介するのは、焼魚の中でも1番人気の「銀さけ塩焼」。
大川水産の焼魚は、ただ焼いてるだけでなく、
下処理として、まずは「灰干し」にします。





灰干しにすることで、魚を空気に触れさせず、
長い時間をかけて水分と余分な脂を抜くため、
魚が酸化されず、臭みの少ない干物に仕上がります。

灰干しが終わった鮭を鉄板に並べます。
魚の種類や大きさごとに温度や時間を調節しています。







水分が適度に残っているため、
熱を通しても身は硬くならずにふっくら!
皮もパリッと焼きあがりました。

家では中まで均等に火を通すのが難しかったり、
グリルを洗うのが面倒だったりしますよね。
そんな時は、大川水産の魚惣菜をぜひお召し上がりください。

ネットショップでのご注文の場合は、
真空パックに入れ、化粧箱に詰めてお客様へお届けします。

電子レンジで1分ほど温めれば焼きたてのお味です。
冷めても身が硬くならないので、お弁当にもオススメです。

お近くの店舗は
こちらから

↓ネットショップはこちらから↓