2月3日節分の日はいわしを食べよう!

こんにちは!
ブログ担当の大谷です。

2月3日は節分の日です。

最近は見る機会が少なくなりましたが、
節分の風習のひとつに「柊鰯(ひいらぎいわし)」があります。

今回は、節分といわしの関係についてご紹介します!


--------------------------------------------------------

■節分とは?
節分とは、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれ前日のことです。
全部で年4回節分がありますが、
江戸時代以降は一般的に立春の前日(2月3日)を
節分と呼ぶようになりました。


■節分には「厄除け」
柊鰯は、厄除け(鬼除け)のための習慣です。
柊鰯とは、葉のついた柊の小枝に焼いた
いわしの頭を突き刺したものです。

鬼は、尖った葉が目を刺す柊や、独特の臭みを持ついわしを嫌います。
この2つを組み合わせることにより、
鬼を寄せ付けないようにしているのです。



■いわしを食べて邪気を払う
柊鰯を飾るだけでなく、いわしを食べて
体の中からも邪気を払いましょう!

いわしの独特の臭みと、
焼いた時にもくもくと立ち込める煙が鬼を追い払います。

この時期のいわしは脂がのっていて栄養も満点。
いわしに含まれる鉄分やカルシウムは、
寒い冬を健康に過ごすエネルギー源になります!


■クセが気にならない「いわしの生姜煮」

いわし独特のクセが気になる方におすすめなのが、
「いわしの生姜煮」です。

いわしを煮るときに入れる生姜や少量のお酢が、
いわしの臭みを取り、さっぱりとした後味にしてくれます。
生姜の代わりに梅干しと一緒に煮る
「いわしの梅干し煮」もおすすめです。


------------------------------------------------------------
いわしの頭は焼いて「柊鰯」に。
身は生姜と一緒に煮て「いわしの生姜煮」に。
今年の節分はいわしで厄除けをして、新しい季節を迎えましょう!

大川水産では、実店舗、ネットショップともに

「いわし丸干し」
「いわし生姜煮」
を取り扱っております。
ぜひご利用ください。

お近くの店舗は
こちらから

↓ネットショップはこちらから↓