「灰干し」とは何だろう?

こんにちは!
ブログ担当の大谷です!

突然ですが、大川水産の人気商品
「灰干し(はいぼし)」はご存じでしょうか?


・最近スーパーでも目にするけど、灰干しとは何だろう?
・魚に灰がついていて食べられるの?

など、疑問に思う方は多いのではないでしょうか?

今回は干物の製法「灰干し」とその魅力をたっぷりご紹介します!

 

■”灰干し”干してるの?

 
灰干しとは、魚を特殊なフィルムに包み、
火山灰の中で魚の水分を取る干物の製法です。

この製法で魚を熟成させますので、
熟成肉ならぬ、熟成魚と言ってもよいでしょう。

上の写真は灰→布→フィルム→さば→フィルムと重ねています。
この後、布→灰と重ねて、低温で約15時間ほど魚の水分を抜いていきます。



大変手間のかかる作業のため、灰干しを作る人は、
今では減ってしまいました。

大川水産では、職人が魚の下処理から1つ1つ丁寧に、
品質をチェックしながら手作業で作ります。
 

■他の干物と何が違うの?

 
灰干しは、火山灰の中で、魚を空気に触れさせず、
長い時間をかけて水分と余分な脂を抜くため、
魚が酸化されず、臭みの少ない干物に仕上がります。

灰干しに向いている魚は、寒い場所で獲れた脂の多い魚です。
特に「さば」「いわし」「にしん」などは、
灰干しにすることで臭みがなくなり、大変食べやすくなります。

普段、魚を召し上がらない方も、
「灰干し」を見つけたら、ぜひお試しください!

日本の伝統食「干物」はこれからもどんどん進化しています!

さば灰干は
こちらからご購入いただけます。

お近くの店舗はこちらから

↓ネットショップはこちらから↓