灰干しのおいしい焼き方・食べ方

こんにちは!
ブログ担当の大谷です。

前回は、干物の製法で「灰干しの秘密をお伝えしました!

灰干しによって、火山灰の中で、魚を空気に触れさせず、
長い時間をかけて水分と余分な脂を抜くため、
魚が酸化されず、臭みの少ない干物に仕上がります。

今回は、灰干しのおいしい焼き方・食べ方をご紹介したいと思います!
 

■灰干しの上手な焼き方

灰干しは干物よりも水分が少ないため、
火の通りが早いのが特徴です。

弱火で時間をかけると水分が抜けるため、
強火で短時間で焼き上げると、皮はパリッと香ばしく、
身はふっくらとなります。

実際に焼いてみました。
先に網に油を塗って熱しておくと、くっつかずに焼けます。
(魚焼きグリルの強火で焼きました。)

まずは身を上にして焼き色がつくまで焼きます。


ひっくり返して皮を上にし、強火で焼きます。


皮がパリパリに焼けました。
さばは焼き色がきれいなきつね色になります。

短時間で強火で焼くと、魚の水分が抜けないので、
身がふっくらとします。
 

■さばフレークを作ってみた

 
さばをほぐして、フレークにするもオススメです。
鮭フレークと同じように、おにぎりの具やお弁当にしても美味しいです。
灰干しは冷めても臭みが出にくく、美味しく召し上がれます。


■さばサンドを作ってみました!



■レシピ

1、さばフレークにマヨネーズ、マスタードを混ぜる。
2、トーストにバターを塗り、お好きな野菜のスライスを挟んでできあがり!

身を大きめにほぐせば、さばの存在感を感じられます。

さば灰干は
こちらからご購入いただけます。

お近くの店舗
こちらから

↓ネットショップはこちらから↓

?